2017年05月16日

警備員の面接試験

先日、B社の面接試験がありました。

面接は、何を聞かれることやら・・・ドキドキ。

面接官は2人、和やかというよりも緊張感漂う雰囲気です。

まずは、志望動機を聞かれました。なぜ、この会社なのかということですね。私の場合は、「警備の仕事をするのが初めてであり、しっかりと教育をしていただける環境がある会社を選びたいと思いました。その中で、御社はしっかりと教育をしているという印象を受けたので、御社を希望させていただきました。」みたいな感じのことをつたえました。

そのあとは、なぜ今の会社を辞めたのかという定番中の定番の質問。

でも、これの返答に困る。なぜなら、人間関係の絡みで8カ月ほどで退職することにしたのですが、正直に人間関係というのもどうかと思う。でも、他に答えようがない。なんだか、中途半端な答えをしていたと思います。面接官もちょっと納得がいっていない様子であるが、まあ仕方がない。

そのあとは、いろいろと仕事のことについて質問をされる。今、している仕事と、前の仕事は同じ業種であり、資格もいくつか取っているので、そちらの業界であれば人手不足の昨今すぐに採用されるのに、なぜ警備員なのかが疑問のようである。

まあ、確かにそうだと思う。以前の業種では体を使うため、50代以降になったときに体力的に難しいことなどを伝えながら、なんとかクリアした感じかな。

あとは、給料面についてのお話。なんせ、基本的にあまり給料は高くない。なので、大丈夫かということも確認していました。

思ったよりも、仕事のことについての質疑応答が多く、面接でよくある、長所や短所を答えたり、自己PRをしたりなどすることなどはなく面接は過ぎてきました。なんだか、実務的な面接って感じでした。30分ぐらいで終わる予定は45分も経っており、思ったよりも長く面接をしていたみたいです。

さて、さて、結果はどうなるかな?





posted by ヒムロック君 at 21:43| Comment(0) | 採用まで